Apology

I am not really happy about the way people give an apology. When you say “I am very sorry to people offended by my action.”, you are not apologizing to all, you are giving an apology only to people who are offended. That means, you are not 100% feeling apologetic. Unfortunately, I hear this a lot. Also, when people apologize, they are apologizing only because of the consequences resulted from their action. That means, they are not sorry for what they have done. They are sorry that they did not get away with it.

Also, when you explain why you did what you did…that should not be a part of the apology. That is an excuse and should not be a part of an apology. Here are the ways to give an apology, I read, that usually will be well received. I read this in the article* which is listed below.

1. An expression of regret.
2. An explanation of what went wrong.
3. An acknowledgment of responsibility.
4. A declaration of repentance.
5. An offer of repair.
6. A request for forgiveness.

The offer of an apology must be 100% and not motivated by the consequences. That is what is missing a lot of the time by the people giving an apology. You should not offer any apology if you are not truly sorry. If you believe in your action, you should have guts to stick with it whether you are popular or not.

謝罪

最近インターネットで公開された謝罪がどうも気に入らない。「私の行動で嫌な思いをされた方がおられましたら謝罪いたします。」とよく聞きますが、これは謝罪ではありません。要するに「私は自分の言動で気分を悪くするとは思わなかった。そうなった人にはごめんなさい、でも自分の考えは変わりません。」ということです。そういうのは謝罪でありません。自分の言動が原因で仕事をなくしたり、役職を剥奪されたり・・・それが嫌なだけであって自分が悪いとは思っていないのです。

ましてや言い訳は謝罪の一部であってはいけないはずです。私の読んだ記事には、下記の6つの謝罪の方法が書かれていました。これが本当にできれば謝罪として認められる可能性はいと思います。

1. 間違いを親身に反省する。
2. 何がいけなかったかを明確にする。
3. 自分の責任であることを認める。
4. 今後の対応を明確にする。
5. 起こしたダメージの修復について明確にする。

謝罪は、自分が100%悪いと感じていなければなりません。自分の言動で、自分へのしかかった状況があるから謝罪をするようでは世の中は認めてくれません。自分が本当に悪いと反省しているのであれば謝罪をすべきでしょう。でも自分が悪いと思っていないのであれば謝罪は不要だと思います。つまり自分が自分自身であることに謝罪は不要だと私は思っています。