Heinrich’s Law

There are few theories that I believe and try to follow. One of them is called Heinrich’s Law. It is also known as Accident Pyramid. According to the WiKi, Herbert William Heinrich was an American industrial safety pioneer from the 1930s. Instead of boring you by quoting what the law is, I will explain how I understand it.

The law says, for every major accident, there are 30 times more minor accidents. For every minor accident, there are 10 times more non-injury accidents (or happenings). What that means to me is to prevent major accidents, look for minor accidents and happenings. If you can eliminate those small accidents, we should be able to prevent major accidents.

Let’s apply that to our day to day business. If one customer complains about something, and if we do nothing after 10 complaints, we will face minor problems. If we face 30 minor problems, there will be a major problem. So, listen to your small complaints and fix them while they are small.

We are running a datacenter and there are many problems. We try to take every small problem seriously so that will will be able to avoid big problems. Every big problem we have, we look back and see all the signs. We just have to keep our eyes and ears on them.

ハインリッヒの法則

世の中には色々な法則と呼ばれるものがあります。すべてを信じているわけではないですが、今回お話する「ハインリッヒの法則」は私が信じている法則の一つです。ハインリッヒの法則は、別名アクシデントピラミッドとも呼ばれます。ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒは、1930年代の米国の産業安全に関するパイオニアです。ここではハインリッヒの法則を説明するのではなく、私がどのようにハインリッヒの法則を使っているかをお話します。

ハインリッヒの法則は、大きな事故が起こる前には30の小さな事故があり、その30の小さな事故の前には300のはっとする何かがある言うのです。私はこのことから、小さなことでも真剣に対応しなければいけないといつも考えています。小さな問題を直すことで大きな事故をなくすことができると私は考えています。

ビジネスにおいて考えてみましょう。お客様が何か不満があったとしましょう。これを1つの小さな問題だからと無視していると、10回目には目につく問題に育っています。そしてその10回以降にはビジネスを根底から揺るがす問題に発展するのです。だから小さなこと、と無視してはいけないのです。

私の会社ではデータセンターを運営しています。ですから小さな問題は日常茶飯事です。大きな問題を避けるために、たとえ小さな問題でも真剣に対応しています。今までにあった大問題、振り返ってみれば予兆が必ずありました。予兆の時点で対応できていれば、と思うことばかりです。