How to Avoid Carelessness

Many accidents happen when people do something without really thinking through what they are doing. To avoid an accident, one needs to know:

1. The purpose of what they are doing.
2. The consequences of what they are doing.
3. Clear understanding of the processes.
4. Proper testing procedures to verify changes.
5. Have solid plans B and C if things go wrong.
6. Clear and timely reporting processes.

Before you begin any process, you need to evaluate how important the process is and based on the importance, you need to carefully plan the action.

When you ride a Japanese train and if you ever have a chance to see the driver, you will notice every signal, every crossing, every points he will raise the hand and point and verify they are clear. Does it make any difference in the safety of the system? I believe it does. That is why Japan’s rail system is the safest in the world.

Careless mistakes happen when people act without proper planning and a procedure to follow. My company hosts websites and we must do hundreds of maintenance tasks and each task can cause the system to go down. I am trying very hard to create the system that we can rely on to continue the service. I is a lot of work.

ケアレスミスをなくすために

事故の多くは十分な準備と考察がないことから発生しています。このような事故をなくすためには、

1. やっている作業の目的を理解する
2. 事故が発生したときに問題を十分に理解する
3. 作業のやり方を十分に理解して練習する
4. 作業後のテストを十分に迅速に行う
5. 失敗したときのプランB、Cを準備している
6. すべての作業に適切な報告・連絡を行う

自分が行おうとしている作業の重要性と危険性を十分に理解してプランを立てる必要があります。

日本で電車に乗ると、運転手さんがすべての信号、踏切、ポイント等で指をさして確認している姿を見ることができます。確認さえしていれば、指をさす必要はないのではないかと思うかもしれませんが、それが世界で最も安全な鉄道を運営する日本が作り上げたシステムなのです。

不注意の事故は人が安心したときに起こるのです。私の会社ではホームページやメールのホスティングを行っています。簡単な作業だと気楽に実行すると必ず事故が起こります。ですからどんなに小さな作業でも注意してプランする必要があるのです。大変な仕事です。