Speak Louder

“If you tell a lie big enough and keep repeating it, people will eventually come to believe it.” It is a strategy called “Big Lie” used by many but most well known used by Adolf Hitler. But it is still used by many politicians and businesses. The concept is that people will believe anything if it was repeated many times by many people.

It does not really have to be a lie. In Japan many things become booms. When a famous TV caster said Bananas are good for your health, so many people bught bananas that bananas sold out. When people said someone is a racist repeatedly, people will think that person is a racist. When people say certain software is good, they believe it is.

It is propaganda and it is used a lot now using the power of Internet. When some YouTuber broadcasts something and it is played millions of times, it is a powerful message. People know advertisements are basically a business tool to sell something, but social media is considered unbiased so people will believe them easier.

Internet is a very powerful propaganda tool. You as a business person need to utilize it. It is easier and cheaper than traditional media. So what’s your strategy to speak louder?

大声で

「大きなウソを何度も言い続けると、人はそれを信じてしまうものだ。」これはビッグ・ライという考え方で、アドルフ・ヒットラーが使った洗脳の方法で有名になりました。今でも、この方法は多くの政治家、国家、ビジネスで使われています。要するに、どんなことでも何度も言い続けると人は信用してしまうということです。

これはウソでなくても当然使えます。日本ではテレビの有名人が「バナナは体に良い」と言うと、日本中のスーパーのバナナが売り切れます。これはその人が多くの人に信用されていることを意味しており、その人の言葉は多くの人を動かすことができます。米国でも特定の人達が、ある政治家が「レーシスト(人種差別主義者)」と言い続けると多くの人はそれが事実だと思うことがあります。

これは一種のプロパガンダで、インターネット上で頻繁に見られます。メディアでも専門家でもないYouTuber が何かを言って、それが何百万回も再生される。これは言うまでもなく大きな影響力を持っています。多くの人は広告を信じません。それはものを売るための手段だからです。しかし、ソーシャルメディアはそうではありません。多くの人はソーシャルメディアを信用します。

インターネットは非常に手軽でありながら、非常に大きな影響力を持っています。あなたの会社や組織の戦略としてインターネットをお考えでないなら、早く始めるべきだと私は思っています。