買うより、必要なときに借りる
2016-06-17
Image Source : Internet

Image Source : Internet

私(1959年生まれです)の世代は、家、車、バイク、自転車、船、服、アクセサリ、時計、宝石・・・とにかく何でも買いたかったし、買えるようになりたかった。老後のことなど考えたこともない。今欲しい物を手に入れたい、だから仕事も頑張ってきた。

しかし、最近の若者は、必要最小限のモノを除いて自分で持ちたいという欲がないようだ。車は Car2Go のようなカーシェアサービスを使う。家は、基本的にレンタルで、家を買いたいという気持ちがあるのかないのか。その他のものだって、得に欲しいというわけではない。しいて言えば携帯電話とタブレット、パソコンぐらいが必要なものなのかもしれない。

こんな物欲が無い人にどうやってモノを売るの?
どうやって仕事のモチベーションを与えるの?

こんな中ビジネスモデルとして注目されるのが、「シェア(共有)」サービスだ。何でも所有ではなく必要なときに必要なサービスを買う・・・この「シェア」型のビジネスモデルを貴方の会社でも採用できませんか? 若者を集客するには絶対に必要なコンセプトだと思います。

このポストに関するご意見・お問い合わせは http://www.uchikura.co から。


戻る