ダメージコントロール
2016-10-13
ダメージコントロール

米国の企業が問題を起こした時のパブリックリレーションズ

米国の Wells Fargo Bank は、新しく口座を開いと人に対して無許可でクレジットカードなどなどのサービスを開いてチャージをしていました。これが発覚して大きな問題になっています。

その問題に対してお客様に出したのがこのメールです。米国のダメージコントロールとしての第一歩です。これは勉強になります。このメールでは、問題を認めて、それは自分のバリューではないと言っています。なにがおこったのか、それにたしてどのような対応をするのかが明確に提示されています。

フォルクスワーゲンの対応に似ています。これは日本お企業も海外では勉強すべきステップです。


戻る