なぜ激安の店がアメリカにはないのだろう
2022-11-17
なぜ激安の店がアメリカにはない...

この今日のお昼の=に食べた魯肉飯(ルーローハン)が、$10超え。
これにタックスとチップを入れたら$12を超える。
US$1を140円で考えると、1680円・・・高い
日本のワンコインの牛丼と同じようなレベルの食で3倍の価格はどうだろう。

これでお客さんが溢れているのなら別だが、お店はお昼時にも閑古鳥・・・
経営者の頭を疑う。
なぜこれを$5にして、薄利多売を考えないのか。
このままでは営業は続けられないと思う。

でもこれはこの店だけではないのですよ。
どの店も高くして、客足が減って・・・不のパターンが続いている。
なぜアメリカ、いやこの辺のレストランは、安くして多くのお客さまを誘うことをしないのだろう。
それではやっていけないのか?

まず薄利多売をするためには

(1)メニュー品目を減らす
(2)価格を劇的に安くする
(3)量を多くする
(4)なるべく人件費を下げる(人が少なくてもできるオペレーションに)

これだけで薄利多売は可能。






__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__

内倉憲一
Pacific Software Publishing, Inc.
ken.uchikura@pspinc.com

__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__


PSPINC の提供するインターネット関連サービスで
お使いになってみたいサービスや代理店として活動してサービスが
ありましたら私までご連絡ください。


BloguruClickItAudio

DenreiDreamersi

ImaMenuInformakers

Japanese OnlineLos Angeles Town

MegaMailNewsMAIL

Opinion StandPass Wizard

ParcomPSP Pilot

San Diego TownSimple Data Pool

WebdeXpressYourHost



戻る